前へ
次へ

コロナ禍での求人募集状況

コロナの影響により、求人募集が落ち込んでいると言った状況です。ハローワークの調査によると、求職者一人あたりの求人募集は1.2倍ほどであり、募集がそれほど多くないことがわかります。もちろん、選ばなければ仕事を探すことはできますが、求職者はなかなか考えているような求人を見つけることが難しく、苦労をしていることが窺えます。コロナの影響もあり、ハローワークも以前に比べて企業側からの募集がないという状況下に陥っています。コロナによって仕事を失ってしまった人も多く、失業者も増えている中で、難しい状況であることは言うまでもありません。しかし、企業からの募集がまったくないというわけではなく、粘り強く探すことで自分に合った条件の職場を見つけることができるのではないかと考えられています。求職活動をするには厳しい状況にありますが、それでも希望を捨てず、前向きに就職活動に取り組んでいくことが成功に結びつくのではないでしょうか。

Page Top