前へ
次へ

求人情報の内容に着目

天職だといえる求人が見つかればいいのに、誰しもが思うことです。例えば、接客業は人を喜ばせることが好きでなければ、長くは続かないといわれ、やりがいに繋がります。しかし、人員削減も余儀なくされる経営もあり、接客から調理、片づけやレジまでをたった1人で、あるいは2人でやらされることもあります。ですが、これをブラック企業というべきでしょうか。ひどい職場環境も実体としてあるでしょうが、目安は、長時間労働、薄給ではなく、苛酷な労務環境だといいますが、個人的な意見を言わせてもらえば、求職者のやる気を利用し、使い捨てのように扱う会社都合をブラックだと言っていいように感じます。求人情報には、楽しい職場だと謳われていますが、もちろん、楽しいだけでは務まらないキツい面、時期などがあります。その仕事が決してラクでないなら、それを乗り越えた時にどんな成果が得られるか、成長か報酬か、そうしたビジョンを見せられることが経営者には必要です。

Page Top